窓ガラスを自分で修理する?

窓ガラスを自分で修理する方法については、どのような修理を行うかによって対応が異なってきます。そこで今回は、窓ガラスの破損の程度が大きい場合と、それほど目立たないような破損の場合に分けて紹介します。

割れ方によって対処方法を変える

まず、住宅の窓ガラスの破損が比較的小さい場合について説明します。子どもの野球ボールなどが軽く当たってしまって小さな傷ができた場合を考えてみます。小さなあまり目立たないガラスキズの修理であれば、最も簡単な方法は、窓ガラスの補修をテープ類ですることです。修正に使うテープでガラス修理に適しているといわれるのはキッチンテープです。キッチンテープはキッチン周りの隙間を埋めたりする時などに使用するアルミ製のテープです。アルミ製なので、防水効果も高いというメリットがあります。
ガムテープを使う
また、市販の布製のガムテープなどで補強するという方法もあります。ただ、布製のガムテープを使用した窓ガラスの修理では、直射日光の当たる窓ガラスなどに使用すると、特に夏場はガムテープの接着剤部分が熱で溶けてしまい、ネバネバになって汚れなどがつきやすくなってしまう点がデメリットといえます。しかし、家庭によくあるものなので応急処置的にすぐに修理ができるという点で便利な方法といえます。
そして、より大きい傷ができた場合に、自分で修理する場合には縦と横や厚さについて正確な寸法を測ります。そして、それに基づいてガラス屋さんで正確にカットしてもらったガラスを用意しましょう。また、パッキンを用意します。それらを用意した上で、怪我に気を付けながら修理を行います。窓から修理したいガラスを含むサッシを外し、安定性のある平面に置いたら、上部と中央部、下部などに固定されているビスを外します。ガラスにはゴムパッキンで固定されていますのでそのパッキンを外してガラスを外します。その後は、ゴムパッキンを新しいガラスに巻いてサッシにはめます。今度は逆に、ビスを取り付けていき、ガラスを固定し、きちんと固定されていることが確認できたら、もとの窓の位置に戻します。ゴムのパッキンが傷んだりしまっている場合には、そのまま使わず、新しいパッキンと交換することがおすすめです。ホームセンターなども入手できる場合がありますので、事前に確認しておくといいといえます。
住宅の窓ガラスを自分で修理する方法について、窓ガラスの破損の程度が大きい場合と、それほど目立たないような破損の場合に分けて紹介しましたが、難しい場合は専門のガラス業者に修理をしてもらうと安心です。

 

人気ランキング

お悩み別マニュアル

広告

ガラス修理について

ご掲載希望の企業様

サイト内を検索

 

最近のコメント

  • Loading...

新着記事

その他
RSS
投票・コメント方法

詳細はこちらから

<当サイトのランキングについて>
本サイトの評価ランキングは、本サイトに訪問された方から寄せられた投票により決定されています。どなたでもユーザー登録しログインを保持した状態で評価する「星」ボタンを押すことで投票が可能となっています。なお、連続投票など弊社にて正常な投票と認められないものについては、集計から除外いたします。その為、投票された結果が直ちに掲載内容に反映されるものではございませんので、予めご了承ください。

<調査概要>
調査企画・設計:ガラス屋さん
調査目的:当サイト訪問者の利便向上のため
調査方法:当サイト訪問者による投票
調査対象地域:全国
調査対象者:当サイト訪問者
母集団:当サイトに訪問されたユーザを母集団としております
有効回答数:8,231件(2016/02/末現在)
調査実施時期:随時

■会員登録をして頂いた方のみ投稿・評価ができます。

■会員登録は無料です。

■個人情報に関しましては、「プライバシーポリシー」をご覧下さい。